HOME > 新着情報一覧 > 特定プラスチック使用製品の削減に対する取り組みについて

新着情報

ニュース

特定プラスチック使用製品の削減に対する取り組みについて

特定プラスチック使用製品の削減に対する取り組みについて

社会は急速に脱炭素化・循環型社会への移行、地球規模での資源・廃棄物の制約や海洋プラスチックごみ問題への対応が求められる中、温暖化対策、サスティナビリティに対する取り組みへの必要性が高まってきています。


日本でも「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律」が、本年2022年4月から施行される予定となっており、ホテル・旅館でもプラスチック製品を削減することが必要となりました。コンビニエンスストアでレジ袋が有料化されたように、ホテル・旅館でも『歯ブラシ、クシ、ヘアブラシ、カミソリ、シャワーキャップ』などのプラスチックを使用したアメニティ(特定プラスチック使用製品)の削減が求められます。


大手企業等では、既にプラスチックに代替して紙製品や木製品など別の素材製品を提供しているほか、プラスチック製梱包材の簡易化等プラスチック製品の利用削減への取り組みが進み、木製・紙製のストローや、プラスチックの袋に代えて紙製の袋で商品の提供が行われるなど、身の回りでも多くの例を目にするようになりました。


こうした状況を踏まえ、秋保温泉旅館組合加盟の各施設では、2022年4月より「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律」に対応すべく、まずは『カミソリ、シャワーキャップ』の無償提供を中止いたしますので、ご持参いただけますようお願い申し上げます。また同時に、プラスチック製品を再生可能な代替素材を使用した製品へと切り替えていくことも進めてまいります。


お客様の皆様には、ご不便をおかけすることになりますが、環境に配慮した取り組みの一つとしてご理解頂ければ幸いです。

秋保温泉旅館組合 組合長 佐藤 勘三郎


Copyright© 2010 Akiuonsen-ryokan union All Rights Reserved.